池袋風俗とオナクラと葛藤

今日は久々に彼女とセックスだ!と思い、期待に胸を膨らませて家に帰った!数日前に我慢できなくなり池袋のオナクラに行ったがいまいち物足りない。池袋のオナクラ嬢も十分かわいかったが、そのときは手コキだけでは満足できなかった。そのためドラッグストアでわざわざ0.02ミリのコンドームを買い、半勃ち状態で家に帰った。

ご飯にしない、お風呂にしない、お前にする!と言ってやるんだ、と!!池袋のオナクラでのことを忘れて彼女とのセックスに集中することにした。同棲しているマンションが見えると、部屋に明かりがついている。 もうシャワーとか後回しでいいよな!と思い、エレベーターに駆け込んだ。 そしてついに、家のドアの前!もうビンビンに勃起して、部屋の鍵を開け、ドアを開いた。 今日はシチューだろうか、優しく甘い香りが部屋を包んでいた。 彼女が「おかえり〜」と言いながら優しく出迎えてキスをしてくれた。 こうなったらもう世の中の男の誰だって我慢できるはずがない。池袋のオナクラで溜まっていたムラムラをここで吐き出す。俺はきつく彼女の身体を抱きしめて、そして思い切りパンツの上から手マンしてやろうと思った! 「あ、今日ダメ!」そう、彼女は生理になっていた。 彼女は申し訳なさそうに俺を見ている。 俺はどれほど悲しい顔をしてしまっているんだろうと思った。 全然大丈夫、気にしないで!!と言ったはいいものの、期待をしまくったせいか勃起が収まらない。

すると彼女は俺のチンコを咥えてフェラをしてくれて、そのままキスしながら手コキをしてくれた。 しかし、絶対に伝えることは出来ないが、この手コキが全然気持ち良くなかった。 先日池袋のオナクラ嬢からしてもらった手コキよりかは気持ち良く感じられなかった。ソコソコ!という刺激がまるでこないので、段々とチンコは萎えていく。池袋オナクラを利用したときもこんなことにはならなかった。結局、チンコはふにゃふにゃに項垂れて、彼女の手コキではイクことができなかった。 逆に彼女に申し訳ない気分になり、その夜は彼女を抱きしめながら寝た。 それは良いのだが、やはりムラムラが収まらず、その夜はあまり寝付けなかった。結果的に池袋のオナクラに行ったときよりもムラムラが溜まったかもしれない。

翌日、このムラムラを抱えたまま仕事へと向かった。 すると課長から外回りを命じられ、池袋に行くことになってしまった。 外回りが終わる頃には良い時間になっているということで、直帰してもいいことになった。池袋は風俗の総本山とも言うべき場所であり、つい先日も池袋のオナクラ店にお世話になっていた。池袋駅に降り立ち、ムラムラとひたすら戦いながら仕事に勤しんだ。 そして、全ての仕事を終えると、どういうわけかビンビンに勃起しどうにも我慢が出来なくなっていたのだ。今度は充実感を得られるようにスマホでの池袋手コキを検索していた。