風俗の通いすぎで破産にご注意

風俗の通いすぎで破産にご注意

風俗に通い過ぎて破産する人がいます。現実にあなたが風俗狂いが原因で破産しました。しかし全く後悔をしていない、それどころか反省すらしていないのがあなたの美徳だといえます。一般的には自分の給料の中から適切な分だけを出して風俗で遊ぶわけですが、あなたは風俗に対する限度というものが全く分かっていません。なので1日に数軒風俗をはしごすることも珍しくありません。それどころか1ヶ月で5回風俗に行くとしたら、1日で5軒の風俗店巡りを済ませるという行動をとります。一般人には理解できない行動ですが、あなたの性欲と実行力を持ってすれば、このような行為が蛮行にならないということになります。このエピソードを聞いた時に「日本は平和だ」と呟いた人がいました。確かに毎日のように風俗店で遊べるという環境は、恵まれているといえるでしょう。しかしあなたにとっては風俗店は遊びではなく真剣な戦いの場です。なのでその指摘に怒り狂ったという頓珍漢な逸話があります。これでは風俗に通って破産をするのは当然であるといえるでしょう。

風俗が好きな思いは変わらない

しかしあなたは風俗狂いで破産したことを誇りに思っています。自分の性と性欲に対して真っ直ぐであるという、尋常では無いほどの自負があるというわけです。何の勝負でも負い目のなさが勝利を呼び込みますが、あなたは風俗で散財することへの負い目がないことから、人生という名の戦いで負けました。しかし負けたとは全く思っていないあなたの考えは素敵です。破産状態となっても風俗サイトを巡ることをやめず、次にどの店に行こうか、行けるまでに回復するときにこの店とキャストは存在しているのか、ということに関して煩悶するほどです。それがいつになるのかは全く分かりませんが、あなたが風俗に対して真っ直ぐな思いを抱いていることは誰にでも伝わります。このような風俗への一途な思いは現代では貴重だといえます。

風俗の通いすぎで破産にご注意

あなたは風俗を心の支えにしています。あなたはいろいろなところから金を借りて風俗に使いまくっていたため、現在はまともな社会生活を送れない状況になっています。監禁なのか軟禁なのかは分かりませんが、それでもあなたは遠い将来にでも風俗狂いを再び行うことを夢見ています。このような考えは一般的な日本人には当然のことだといえるでしょう。貯金を美徳とすることなく何の生産性もないことに圧倒的に浪費する。これが自分の風俗道である、そして自分の風俗道は曲げないというド根性。まさに「耐え忍ぶ者」ではなく「解放する者」の代名詞的な言葉です。これからも風俗を愛し続けてくれると嬉しいです。