熊本ソープでマットプレイを100%楽しむには

熊本ソープにおけるマットサービス

 
熊本などソープランドにはマットというサービスがある。
これは風俗が好きな人なら一度受けておいた方が良いだろう。

サービス内容は以下の通り。
・ゴムで作られてベッドの上にお客が横たわる。
・体中にローションを塗った女の子が、お客の体全体を這いずり回る。
・重点的にお客の急所を攻める。
・仰向けの状態のまま女の子主動で性行為を行う。
他の風俗サービスで言えば、M性感やヘルスに近いサービスだ。
しかしマッサージだけではなく、女の子が自分の体を使って
濃厚なサービスを行ってくれるというところが他の風俗と違うところ。
ソープが「風俗の王様」と呼ばれる所以でもある。
このようなサービスを提供している熊本ソープに、その地域の男性のみならず様々な地域から人が訪れるのも頷けるだろう。

しかし熊本ソープなどで行われるマットは女の子からしたら難しいサービスであるため、
働き始めてから時間が短い女の子の中にはマットができないという子もいる。
また長く働いている女の子の中には、マットが上手いことが誇りとなっているのか
積極的にこのサービスを行おうとする子もいるようだ。
とにかく、熊本などソープランドの真髄を感じるためには
一度マットを受けてみるのが良いかもしれない。
もしかしたら今までとは違う世界を見ることができるかもしれないのだ。

熊本ソープにおける湯船の温度調整

熊本ソープの湯船の温度は常に快適に保たれていいます。これはプレイを健全に楽しむためというよりも、名目的な公衆浴場のプライドといったほうがいいでしょう。一般的な銭湯に行ってお湯がぬるかったらお客さんは怒ります。「水風呂」「ぬる風呂」と表示をしてあればいいですが、ある程度の期待する温度というものは存在するので、銭湯たるものそれに応えなければなりません。それは熊本のソープであっても同じことです。違う客に同じお湯の湯船に入れされるのはご法度、常に温度を快適に保つ役割こそ、ソープ嬢に第一に求められることなのです。そしてこれは風呂場の職人芸となるので、この修業段階で辞めていくソープ嬢も存在します。しかしこれは一流のソープ嬢になるために欠かせないものなので、支配人であっても厳しく接することをやめません。この業界で活躍するためにはこの技術も必要となってくるのです。これがソープの難しさとも言えるものですが、熊本のソープ店ともなると湯船の温度管理も万全と言えるでしょう。なので誰であってもソープの湯船でゆっくり汗を流すことができます。