人気の風俗街「池袋」の秘密

風俗街池袋とは?

ここでは簡単に風俗街池袋について書いていこうと思う。
東京都豊島区池袋は多くの人が知るように、様々なスポットがある大文化都市だ。
水族館やナンジャタウンなど家族やカップルで楽しめるサンシャインがあるため、そこを訪れる人は休日平日関係なく多い。
サンシャインの近くには乙女ロード、執事喫茶など女性のマンガオタクが楽しめるスポットが満載。ときにはコスプレをして街を歩く人もいるなど、最近では秋葉原にも負けず劣らずのサブカルチャーシティとなっている。
そのため池袋風俗にはコスプレしている女性と遊べるお店も少なくない。
駅周辺には様々な種類のレベルの高いラーメン屋が軒を連ね、激戦区と呼ばれるほどになっている。ここにしかないラーメンを求め、池袋を訪れるラーメンファンも多い。
駅前には多くのデパート、電気店、ディスカウントショップ、薬屋などがあり、ここに来るだけで大体の買い物が済んでしまうほど豊富なバリエーションだ。
また書店や古本屋も多く点在し、予備校も多く、劇場・演芸場・映画館があるなど知的カルチャースポットが充実した街でもある。多種多様な業種が存在している池袋の風俗店は、このように多様な文化が発展した街で鎬を削っている。

風俗街池袋の夜の顔

池袋は都内屈指の繁華街であり、多くの風俗店が軒を連ねる大風俗街でもある。
そのため池袋で風俗を利用する男性も多く、定期的に利用する風俗ユーザーから風俗初心者まで幅広い。
また池袋はJR・私鉄など様々な電車が繋がっている駅である。
そのため、大宮・浦和や東武線・西武線沿線の埼玉から来る人は
店で働く女の子だけでなく男性ユーザーの中でも多い。
また新宿・渋谷・上野・浅草など歓楽街でもあり風俗街でもある街からも近く、
普段はそれらの街で遊んでいる層が遊びに来ることもある。
それ以外にも、池袋で風俗を楽しみたいという人も集まる。
これらのお客を約200店舗あると言われる池袋の風俗店で分け合うということとなる。
池袋はラブホテルなどが多いため、
北口・西口だけで50店舗以上というホテヘルが存在するなど移動型風俗の激戦区だ。
この中でもモデル・人妻・巨乳など様々な専門店があるため、
ディープなファンを取り合うことはないと思うが、大きな特徴のない店舗は競争が厳しい。
風俗店が多いことが、競争を生み店のレベルを高めるという側面を知っておいても良いだろう。
それだけに風俗街池袋では色々なことを楽しむことができるのだ。