日暮里デリヘルの身バレにご用心

日暮里デリヘルの身バレにご用心

日暮里デリヘルに関わっている、あなたたちふしだらな男女について書いてあるのがこのテキストです。
あなたたちふしだらな男女が出会ったのはとある日暮里のデリヘルでした。男のあなたはいつも通り日暮里デリヘルを呼んで自宅で待機中、一方パートナーの女性は派遣されてあなたの家に行くという段取りの進行中でありました。あなたたちはこの時点まではただのお客とキャストという関係性でした。そのためこれから始まる惨劇を知るよしもありませんでした。

知り合いがデリヘル嬢と部屋に

半開きになっていたドアをノックとともに開けたのは、高校の同級生だった女性でした。あなたはパッと見でそれをすぐに理解できました。しかし相手の名前を思い出すことはありませんでした。一方女性の方はあなただと分かってやって来ました。当時の秘めたる思いを半分出してあなたの家に日暮里のデリヘル嬢として訪れてきたのでした。女性としてはこれから性的にどうしてあげましょうか、またルールを超えたサービスを行ってあげてもいいという気持ちもありました。そしてあなたと対峙したのです。あなたはその女を高校の同級生だと認識できたものの、「あれ中学だっけ、それとも大学だっけ」と段々と曖昧になっていきました。分かったけれども名前が出てこないのではどうしようもない。またそれ以外のバイトなどで知り合った人間だったかもしれないと考えるにいたり、これはほぼ他人なのではないかと考えました。確かに知り合いが風俗嬢になっているのはおかしいことではないかもしれないが、相手を思い出せないのであれば出会ったことがない人なのかもしれない。というようないい加減な思考に陥ったあなたは、「どうぞどうぞ」と更にいい加減な考えで女性を部屋に上げることにしました。

身バレに注意

女性はあなたの部屋に上がるということに緊張していました。確かにこれまでも社会的に地位のある人の家に行って性的なサービスを行ったこともありますが、その時は今ほどに緊張することがありませんでした。「高校の同級生だった彼の家に上がる。それも必要とされる一人の女として」そう考えたあなたでしたが、ここではあなたも一人のプロの日暮里デリヘル嬢です。そうなると覚悟を決めて彼の女になるつもりで部屋に入りました。デリヘル嬢として培ったあなたの実力を存分に発揮することが最大の目的でした。あなたはもう女性が誰であってもいいと考えていました。誰だろうがデリヘル嬢をヤレたら儲けものだ。それだけを考えてあなたは女性に対してお世辞を述べていきます。できるだけ表面的にはならないようにお世辞を言いますが、所詮世辞は世辞であり、大きな効果をもたらすとは考えられません。しかし女性はあなたのお世辞の全てを真に受けているようでした。それが日暮里デリヘル嬢として自分に送られる賛辞のように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です